08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ニュルブルクリンクについて 

 今回は旅行の話からちょっと外れて、ニュルブルクリンクについて触れてみたい。


 ドイツ ニュルブルクリンクは1927年にオープンした歴史のあるサーキットで、

ドイツのニュルブルク(Nurburg)にあるリング、が名前の所以である。

建設当時は失業者対策のための公共事業としての側面もあったらしいが、

これも現地でサーキットのスケールを見ると納得できる話である。



 このニュルブルクリンクにはF1やグランプリが開催されるGPサーキットと

ノーシュライフ(あるいはノルドシュライフェ、Nordschleife)があり、

多くの場合、ニュルブルクリンクと言うとこのノーシュライフを指す。


 ニュルブルクリンクの公式ロゴマーク。

ノーシュライフとGPサーキットの形をうまくモチーフにしている。

ニュルブルクリンク


 下の写真はニュルブルクリンク衛星写真である。少々見づらくて申し訳ないが、

赤い線でなぞってあるのがノーシュライフ、左下の青い線がGPサーキット。

この写真からもいかに大きなサーキットか、スケールが伝われば幸いである。

画像名



 サーキットとしてのノーシュライフはとにかく難易度が高い。

全長20km以上、100以上あるターンというスケールに加えて一般的なサーキットと違うのが

サーキット内の高度差が大きいこと。サーキット全体で約300mの高度差があるのだ。

ニュルブルクリンクはドイツのブラックフォレスト地域に位置し、サーキットも山の中を通っているため、

特にノーシュライフは二次元だけでなく三次元レベルでチャレンジングなコースとなっている。


 以前にも書いたように、ノーシュライフもGPサーキットも一般公開日があり、

入場料を払えばサーキット上を自分の車で走ることができる。

このタフなサーキットには単なるクルマ好きだけでなく、

大手車製造メーカーもやってきて新車のテストも行なっている。

日産がGTRを開発時には随分ニュルブルクリンクに通ったという話も聞いた。

また、BMWやジャガーのようにサーキットのすぐ近くにラボを構えている車メーカーもある。

category: ドイツ ニュルブルクリンク

thread: サーキットを楽しもう

janre: 車・バイク

tag: サーキット  ニュルブルクリンク  ドイツ    モータースポーツ 
Posted on 2013/02/11 Mon. 21:08  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://drivingeurope.blog.fc2.com/tb.php/6-ba56e001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。