10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

イタリア、トリエステ ~8日目 午後~ 

 スロベニアのポストイナ鍾乳洞観光を楽しんだ後、午後はトリエステ(Trieste)に向かって

スロベニアから再びイタリアに戻る。


 トリエステに近づくにつれ、海側にコンテナなどを吊るし上げるのに使われるような大きなクレーンが

数多く視界に入ってくる。さすが古くからある港湾都市、今でも海運業が盛んなのだろう。

 街に入ると、よく整備された幅広い道路に瀟洒な街灯、装飾がほどこされた建物が見えてくる。

これだけでも、昔から栄えた歴史のある都市だということがよく分かる。

トリエステに入る



街の中心に近づくにつれて外壁に繊細な装飾が施された建物が目に付くようになり、

思わずシャッターを切った。イタリアの都市の雰囲気とは違う、これらの建築物のデザインからも、

20世紀初頭まではオーストリア領であったトリエステの歴史がよくうかがわれる。

ちなみに、トリエステがイタリア領となったのは第一次世界大戦後である。

トリエステの建物の繊細な装飾


トリエステの美しい装飾が施された建物



 街の中心部に立ち並ぶ建築物も、使われている建材やデザインなどから、建築時の施主の財力は

相当のものだったと想像される。また建物の装飾等々などを見ても、恐らく交易業はもちろん、

それを支える金融業も盛んだったのではないだろうか。そんなことを考えながら、

駐車スペースを探すために街中を低速でウロウロしていたのだが、両側を石造りの建物に挟まれて

ただでさえ特有なフェラーリのエンジン音がさらに反響されてしまい、

街を行き交う人々の注目を集めながらもやっとのことで駐車スペースを確保した。


 下の写真では車の汚れよりも、後ろの建物の装飾と、歩道の舗装に注目して欲しい。

裏通りに面している、言うなれば建物の裏面にも手の凝った壁面処理がされているし、

また歩道の縁にも安いコンクリートではなく石が使われている。地元産の石材なのかもしれないが、

こういう細かい部分が積み上がって全体の街並みの印象を左右するのだと思う。

もちろん、これはトリエステだけに限った話ではなく、一般論だが。

裏通りの駐車スペース



トリエステ中心の広場

トリエステ中心の広場



広場を正面に建つシティ・ホール

画像名



広場の中心に集う人々

広場中心に集う人々



建物壁面に施された繊細かつ華麗な装飾

画像名



 トリエステはコーヒーの街という側面も持っている。「イリー(illy)」という、

赤い四角の中に文字がかかれたコーヒーのロゴマークをご存知の方もいるかもしれないが、

このイリーは20世紀前半にこの街で生まれたコーヒーのブランドなのである。

私も家でイリーのコーヒーを愛飲している一人として、なんとなく親しみを感じながら、

カフェで(もちろんイリーのコーヒーを使用)エスプレッソを飲んで一休みした。


一般住宅と思われる建物

一般住宅と思われる川沿いの建物



海岸近くの街並み

画像名


画像名



 トリエステを後にする際にはなんと警察の護衛が付いた。

というのはもちろんウソで(笑、タイミングよく(?)警察の車が同じ道路上に入ってきただけである。

イタリア警察の護衛付き



 スロベニアに初入国したり、トリエステの美しい街並みを堪能したりと、

なかなかに盛りだくさんな旅行第8日目だった。


 計19日間の旅行日程も折り返し地点に近づいてきた…。

category: 北イタリア

thread: 旅行、旅、ドライブ

janre: 旅行

tag: イタリア  トリエステ  写真  旅行 
Posted on 2013/04/24 Wed. 07:15  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://drivingeurope.blog.fc2.com/tb.php/18-078edf4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。