08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

イタリアのシンプル・フード ~6日目 昼食~ 

 6日目も昼時に近づき、食事処を探しながらイタリア北部の小さな村や街を抜けていく。

画像名


画像名



下の写真の路面はアスファルトではなく、石畳。見た目に雰囲気があってなかなか良い。

イタリア北部の村々ではたまに見かけたが、スポーツカーにはあまり優しくない。

硬めのサスペンションのお陰で、振動がそのまま体に伝わるのである。

しかも村を通る道は、写真のように二車線あるのは珍しい方で、

車2台通り過ぎるのもやっと、というような狭い道がくねくねと続いているところも多い。

「バババババッ…」という石畳上を走るタイヤの音を聞き、小刻みな振動に体を揺られ、

対向車が来る度に道幅の狭さにヒヤヒヤしながら、

感じの良さそうなレストランを道沿いに探すのはそう簡単ではない。

画像名



 それでもやっとボルミオ(Bormio)という街の郊外にて、メンバーの一人の「第六感」を信じて、

我々の車がやっと降りられるかどうかという程、急でかつ狭い坂を降りていったところに、

このレストランがあったのである。後で分かったことだが、

レストランというよりは、宿がたまに昼食も提供しているというのが正確なところらしい。

画像名



 内部は明るく綺麗で良い感じ。ただ、誰もいない…。

しばらくしてやっと奥から人が出てきたが、英語は通じず、

それでも食事はできることが確認できたので、やっとテーブルに着く。

レストラン内部



とりあえずプロセッコ(イタリアの発泡ワイン)のボトルをオーダーして

午前中のルートと雄大な景色と晴天に乾杯。

このプロセッコ、ボトルにラベルが貼ってあるのではなく、ボトルの首から紐でぶら下げられている。

なかなか可愛いデザインで、A嬢が旅の記念にと持って帰り、今でも本の栞に使っているようだ。

プロセッコ



注文の際にはお互いに言葉が通じないなりに、「チキンがある」ということだけは分かったので、

それではそれを、と注文。しばらく待っていると、ニョッキ(下の写真)とパスタがが運ばれてきた。

ニョッキ


イタリアではパスタ類は前菜として自動的に出てくるのかと、皆で笑いながら、

大人4人でも食べきれない程のパスタとニョッキをアッタクしているうちに、

メインのプロシュート(イタリアの生ハム)と一緒にローストされたチキンが運ばれてきた。

これがジューシーで、プロシュートの風味が程よくチキンにも移っていて美味しい。

どの料理も実にシンプルなのだが美味しい。いわゆるイタリアのシンプル・フードの真髄だろう。

メインコース チキンのプロシュートロースト



そのうちに隣のテーブルに親子三代の家族連れが着席してだんだん賑やかになった。

どうやらこの日はこの家族連れが予約していたランチのため(だけ)に、

レストランが開いていたらしいことが分かった。我々は運が良かった…。

この家族連れには4、5歳の子供二人も一緒だったが、パスタ等も大人と同じ量が

皿に取り分けられていたのがいつの間にかちゃんと無くなっていた。あれ、全部食べたのだろうか…?!

しかも我々のメインコースが運ばれてくる少し前にテーブルについた筈なのに、

我々がメインコースを終わる前に彼らはデザートに入っていた。

恐るべし、イタリア人の食欲と食べるスピード。


 
 このレストラン(というより実際は宿)、家族3代で経営している様子で、

給仕は主に20台後半と思しき孫の男性とその母親がとりしきり、

キッチンではお祖母さんが腕を振るっているらしかった。イタリアのマンマの料理である。


 皆すっかり満腹になって満足し、レストランの駐車場からの風景をと温かい日差しを楽しんでから、

更なるアルプスの峠道に向かって出発した。

レストランの駐車場からボルミオの街並みと山々を望む

レストランからの眺め

category: 北イタリア

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 写真  食べ物  旅行  ヨーロッパ  イタリア 
Posted on 2013/02/23 Sat. 20:24  edit  |  tb: 0   cm: 0  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://drivingeurope.blog.fc2.com/tb.php/13-4ef11832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。