02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ドロミーティ山群の絶景 ~6日目 夕方~ 

 6日目、既に午後も遅い時間だが、この日の旅程の残り半分をこなしていく。
 
ステルビオ国立公園内を通るSS300をたっぷり堪能した後、SS42に合流して東に向かう。

進むにしたがって、周囲の山々の形状や地形がこれまでのそれと

少しずつ変わってきていることに気づく。

画像名


画像名


イタリア北部のアルプスはマグネシウム質石灰岩からなるドロミーティ(ドロミテ)と呼ばれる

山群からなっており、我々はこのドロミーティ(Dolomite)山群に向かっていたのだ。

後で知ったことだが、ドロミーティ山群はその独特の地形ゆえにユネスコ世界遺産にも指定されている。


 たまに木々の間から見える美しい山々に歓声を上げながら進むうちに

駐車場を発見、急遽休憩することにした。

偶然にも、ここはドロミーティの中でも美しい風景が見られる場所として

観光用に整備された駐車場付きの公園だった。

エメラルドグリーンの湖水が美しいカレッツァ湖とドロミーティ山群

カレッツァ湖とドロミーティ山群


全く予期していなかっただけに、ドロミーティの山々が緑色の湖面に映える

この光景が目前に広がった時には、それこそ一同息を飲んだ。

今回の旅行でも最も印象深い風景の一つである。

 SS241沿い、ボルザーノ(Bolzano)の西10km程、カレッツァ(Carezza)手前にこの公園がある。

付近を訪れることがあれば是非立ち寄られることをお勧めしたい。

カレッツァ湖 地図 (地図下リンククリックで拡大します)


View Larger Map



 日の長い8月下旬でも日差しが黄昏れてきたなか、さらに東へと進む。

ドロミーティ山群の間を進むフェラーリ



ドロミーティ山群はその複雑な形状が見る角度によって様々な表情を見せる。

カーブを曲がる度に少しずつ様子を変えながら広がる美しい風景は、

黄昏時の日差しの下で一層ドラマティックに美しく見えた。

フェダイア湖(Lago di Fedaia)周辺の氷河を頂くドロミーティ

湖の向こうのドロミーティ上の氷河


ドロミーティと氷河



夕暮れの日差しに映えるドロミーティの山々

夕暮れに映えるドロミーティ




 SS641からSS638に進んだ後は、くねくねと曲がる峠道を進みながら高度を上げていく。

既にかなりの長距離をこなした後でもあり、ドライバーにも少しずつ疲労の色も見られ始める。

しかし最後に峠の頂上、ジアウ峠(Giau Pass、2236m)に到着すると、

ほぼ360度周囲に広がる光景に一同圧倒されて疲労も忘れてしまう程だった。

イタリア ドロミーティ ジアウ峠頂上からの眺め


イタリア ドロミーティ ジアウ峠頂上からの眺め


ジアウ峠


ジアウ峠 夕暮れの山々


ジアウ峠からの夕暮れの眺め


ジアウ峠頂上からの眺め



イタリア ジアウ峠(Giau Pass) 地図


View Larger Map



 残念ながらこの後は暗くなりすぎて、ドライブ中にカメラで撮影するのは無理だったが、

ジアウ峠から下りながら見えた、明るい月がドロミーティの山稜を照らす様子も

大変美しかったのを覚えている。


 この日の目的地はコルティナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)。

ジアウ峠の後、さらに峠道を2つか3つ超えてやっとホテルにたどり着いた時には

夜の9時半過ぎだったろうか。


 この日の走行距離は370km程。距離だけ見ると大したことはないのだが、

ほぼ全行程が峠道だったことを考えると、今回の旅行中で最もタフな旅程の一つだったと言える。

しかし、どの道もその周辺の風景も素晴らしく、ドライブの満足度も一番高い一日だった。
スポンサーサイト

category: 北イタリア

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 写真  ヨーロッパ  ドライブ  フェラーリ  イタリア  ドロミーティ  峠道  ジアウ峠 
Posted on 2013/03/15 Fri. 21:27  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。