06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ホテル・宿泊地の選び方 ~コツとヒント~ 

 前回の記事にて2012年ヨーロッパドライブ旅行記は一旦終了したが、

これからは追記として、ヨーロッパドライブ旅行のコツやヒント、

それから滞在したホテルの感想やその他詳細情報について

書いていきたいと思う。


 まず今回は、ヨーロッパドライブ旅行の際の宿泊地、ホテルの選び方について。

我々はスポーツカーでの旅行ということもあり、

一般的な条件よりも少々特殊だったと思われるが、

これからドライブ旅行を予定されている方の参考になれば幸いである。



1. 宿泊地・エリアの選択

 宿泊する場所は、旅行の最終目的地がある程度決まっていると比較的決めていきやすい。

Google Map、あるいは大きな地図を用意して、出発地と目的地に印を付け、

間の空間を埋めていけばいいわけである。

 この際考慮すべきことが2つ。

 ・ 途中通過・観光したい都市・街や場所の有無

 ・ 1日の運転距離と運転時間
 
 前者については、地図上に印を付けて各点が線でつながるかどうかをチェックすればいい。

後者が線の長さに関係するわけだが、ここではドライバーの運転力をきちんと計るのが大切だ。

外国での運転はとにかく気が張るもの。慣れない右側通行に加えて、

各国毎に微妙に異なる運転マナーで通過していく他のドライバーにも、普段以上に注意が必要だ。

とにかくドライバーの運転力を過大評価しないことが、安全な旅行のために一番大切だ。

 また実質運転時間は、休憩時間等も見積もらなければならない。

例えばGoogle Mapでの予想運転時間が4時間だとすると、

給油や休憩、写真撮影等に要する時間を考えると、

最低でも5時間半は見積もった方がいいだろう。さらに昼食を挟む場合には、

一般的にコンチネンタル・ヨーロッパでは食事をゆっくりとるので、

レストランでの給仕も時間がかかることが多いことを覚えておいた方がよい。

また峠道の多いルートではさらに運転時間に余裕を持たせておくといいだろう。


2. ホテル・宿の選択

 スポーツカーでのドライブ旅行を計画する際に、色々と条件が多かったために

ホテルの選択が一番時間がかかった。以下が我々の宿選びの条件である。


2-1. ホテル専用の駐車場の有無

 いわゆるスーパーカーも含まれるスポーツカーを使っての旅行では

それなりにひと目を引き、駐車していると確実に人々が近づいてくる。

そのために特に夜間の安全を考慮して、自前のホテル専用駐車場を持っているかどうかで

かなりのホテルがふるいにかけられた。

一番理想的なのが、ホテル自前の駐車場が公共道路から少し離れたひと目につかない所にあり、

かつ夜間には駐車場の門が施錠されるような駐車場だ。

 ちなみに、街中のホテルでは駐車場ありと言っても

近くの公共駐車場だったり、ホテル前の道路の駐車スペースだったりすることも多く、

当然こういったホテルはボツになる。


2-2. ホテル及びホテル専用の駐車場へのアクセス

 日本でもそうだが、ホテルや駐車場への入り口に減速バンプ(道路が一部盛り上げられている)

が設置されていることがあるが、車高の低いスポーツカーではこれも問題となる。

我々はまずGoogle Mapのストリートビューを使って

候補に挙がったホテル周辺の様子やホテルへ通じる道路の様子を入念にチェック。

その上で、予約前には宿やホテルには直接メールや電話で問い合わせ、

アクセスに問題がないかどうかを最終確認した上で、予約を入れるという手順を踏んだ。


2-3. ホテル内レストラン、近隣レストランの有無
 
 夜の食事に関連することだが、スポーツカーでは夕食のために街へ車で繰り出す、

ということが実は難しいのである。正確に言うと、できなくはないが避けるべきである。

ひと目を引くスポーツカーを道端やレストランから目の届かない公共駐車場に駐車するのは、

前述の通り、特に夜間は安全の観点から避けた方がよい。2台、3台も一緒であればなおさらである。

 そうすると、ホテル内でのレストラン、あるいはホテルから徒歩またはタクシーで

レストランに行くという選択肢になる。実際にはホテル到着は夕方6時前後ということも多く、

1日の運転で疲れた後はできるだけ移動を避けたいのが本音だ。それならば、

ホテル内のレストランでの食事が移動もなく、リラックスできて一番、ということになる。

 こういった事情から、ホテル内に評判の良いレストランを擁しているかどうかも

ホテル選択時の重要な条件となった。同程度のホテルが見つかった場合には、

レストランの評判と質がホテル選択の決め手となったこともしばしば。

 ホテルのレストランで食事を予定する場合には、

部屋の予約と同時にレストランのテーブル予約も入れておくことをお勧めする。


2-4. Wifiの有無
 
 実はドライブルートは事前にきめていた訳でなく、旅行を進めながら決めていた。

正確に言うと、前日の夜や当日の朝に地図を眺めながら次のルートを決めていたのだが、

我々は紙の地図は全く使わず、全てGoogle Map等のオンラインツールを使いながらの作業だったので、

宿でのWifiの有無(インターネットへのアクセス)も重要な選択ポイントとなった。

昨今は大概の宿で無料のWifiを提供しているものの、宿によっては有料なところもあるので、

Wifiが必要な方は予約前に確認したほうがいいだろう。


2-5. ホテル・宿の検索

 ホテルの検索ではBooking.com を重宝した。

日本ではまだ馴染みのないサイトかもしれないが、ヨーロッパではポピュラーなサービスで、

ホテルに限らず、B&B、ゲストハウスや長期滞在用のホリデーコテージも網羅する予約サイトである。

滞在者のレビューや総合点数がホテル選択時の参考情報になるのと、

地図を使ってのホテル検索もできるので、滞在エリアが決まったら地図上で候補を絞っていくと、

宿の検索もスピーディに勧めることができる。





2-6. ホテル・宿の質と値段
 
 これはあまりに一般的なことなので、リストの最後に置いた。

これは当然ながら各人の好みや予算に応じて選択することになるが、

観光ハイシーズンとなる6月から8月にかけては価格も上がることを覚えておくといいかもしれない。

逆に言うと、このシーズンを少し外せば、比較的リーズナブルな価格で宿を探すことも可能だ。




 以上、長文をここまで読んでいただいた方には感謝するとともに、

この情報がどなたかのドライブ旅行のお役に立てば幸いである。
スポンサーサイト

category: ドライブ旅行 コツとヒント

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 旅行  ヨーロッパ  スポーツカー  宿選び  コツ  ヒント  ホテル 
Posted on 2014/04/05 Sat. 21:37  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ホテル・宿泊地の選び方 ~後日談~ 

 前回の記事「ホテル・宿泊地の選び方 ~コツとヒント~」では

宿泊先とホテルの選び方その他について細かく述べたが、

実際は事前に準備万端で旅行に臨んだわけではなく、

かなり行き当たりばったりだったりもしたのだ。

 実のところ、最初の4、5日のホテルとイタリアで一週間弱滞在したヴィラについては

旅行に出発する前に予約を入れていたが、

実はその他のホテルは旅行中に予約を入れながら旅程を進めていたのである。


 例えば、6日目の朝はスイスはダボスからアルプスを超えて北イタリアへ向かったが、

(「スイスから北イタリアへ ~6日目 午前~」の記事を参照のこと)

当日夜の宿泊先は当日の朝の出発間際まで決まっていなかった。

朝食を取った後、ダボスのホテル内のビジネスセンターで(無料Wifiが使用可)

メンバー全員で一つのパソコンのスクリーン上に額を寄せ合い、あれでもないこれでもないと、

宿泊先の検索とめぼしいホテルへの電話に一時間ほど費やしただろうか。

当日の宿が決まらないと当然ながらその夜は宿なしになってしまうので、全員真剣だ(笑。

ホテルの予約が取れてから速攻でダボスを出発、

旅行6日目の美しくかつ大変タフなアルプス超えのルート(こちらこちらの記事を参照)を

こなしたわけである。


 まあこれは極端な例で、普通は2日後の宿は確保するようにしていたのだが、

それでも旅をしながら宿を決めていくというのは、恐らくあまり一般的な方法ではないだろう。

これも、旅行ルートが柔軟に変更可能なドライブ旅行ならではの醍醐味(?)であり、

さらに、我々の旅行時期(8月下旬から9月上旬)がある程度

観光オフシーズンに差し掛かっていたからこそできた綱渡りだと言えるだろう。

夏場の観光ハイシーズンの時期に旅行を考えている方には、当然ながらあまりお勧めしない方法だ。

 
 それでも宿泊したホテルはどこも満足度が高く、気持よく滞在できるところばかりだったので、

滞在した各ホテルについてもこれから写真を交えて紹介していきたいと思う。

category: ドライブ旅行 コツとヒント

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 旅行  ヨーロッパ  ドライブ    宿選び  コツ  ヒント  ホテル 
Posted on 2014/04/24 Thu. 04:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ホテル情報:ロザペトラ ~北イタリア、コルティナ・ダンペッツォ~ 

 旅行6日目は北イタリア、コルティナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)の

ロザペトラ (Rosapetra Spa Resort)に宿泊。


 コルティナ・ダンペッツォは周囲の三方を山に囲まれているスキーリゾートで、

1956年には冬季オリンピックが開催された場所。


ホテルの少し北方に当時使われたスキージャンプ台を今でも遠目に見ることができる。

 旅行6日目の記事にも書いた通り、この日は今回の旅行を通じて最もタフなドライブ内容だったのと、

ホテルに到着したのが夜9時過ぎと遅かったので、チェックインして荷物を車から降ろした時には

メンバー全員くたくただったのだが、洗練されたスキーリゾートのホテルという描写がぴったりする

レセプションから清潔で居心地の良い部屋に荷物を降ろした時には皆ほっとした。


ロザペトラ ホテル外観

Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ 外観



部屋に通じる廊下

Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ



 ホテルの部屋の床と壁は、塗装のない白木で覆われている。

我々が滞在した2012年はホテルがオープンしてまだ数ヶ月かしか

経っていなかったこともあるのだろう、部屋に入るとほんのりと木の香りがして、

それだけでもなんとなく癒やされた。

恐らく冬場のスキー観光客を主なターゲットにしているためか、ホテル内の床は

スキー靴で歩いても傷やダメージが少なかったり目立たない、

かつ安っぽくない素材が上手に使われている。

屋根が傾斜しているので写真では狭く見えるかもしれないが、

部屋も十分な広さがあり、収納スペースも沢山あっったりと、あちこちに心配りを感じる内装だ。

ベッドリネンも高スレッドカウントの肌触りの良いものが使われている。


ホテルの部屋の様子

Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ


Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ


Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ



 着替えも早々に夕食のためにホテル内のレストランに夕食のために駆け込んだが、

照明を落としたシックな雰囲気のレストランは、食事内容も満足できるものだった。


ホテル内レストランにて

Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ



 実は、「ホテル・宿泊地の選び方 ~後日談~ 」でも少し書いたが、

当日の朝までその夜宿泊するホテルが決まっていなかったというのがこの日だったのだ。

6日目の朝、サンスター・パークホテル・ダボスで朝食を済ませた後、

当日の夜の宿を皆であちこち探してやっと見つけたのがこのロザペトラだったのだが、

部屋も食事もレベルが高く、しかも指紋施錠ゲートを備えた

地下駐車場もあることから(「イタリア ゴリツィア地方へ ~7日目~ 」記事内の写真を参照のこと)、

ギリギリで見つけたホテルにも関わらず今回の旅行にはぴったりで、

一泊しかしないのは勿体ないようだと、皆で笑いながら話した程だ。


 私は使わなかったが、地階のプールやジムの設備も充実していたそうだし、

朝ホテルから見えるドロミテ(またはドロミーティ)の山々の眺めは実に美しい。

また訪れたいと思ったホテルの一つである。



  ==== 基本情報 ====

 ・二人部屋価格: 120ユーロ(2012年8月当時)、朝食込み

 ・駐車場: 指紋認証ゲートで閉ざされた地下駐車場有り。

 ・コルティナ・ダンペッツォの郊外に位置し、市街地まではタクシーで15分程。


 ・ホテルウェブサイト:http://www.rosapetracortina.it/en/

 ・日本語での予約はこちらから

 ===================

category: ドライブ旅行 コツとヒント

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 旅行  ヨーロッパ  北イタリア  ホテル  コルティナ・ダンペッツォ 
Posted on 2014/06/01 Sun. 17:25  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。