05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ヨーロッパドライブ旅行ハイライト ビデオ 

 前回の記事にて2012年夏のヨーロッパドライブ旅行記は終了したのだが、

折角なので旅行のハイライトを編集したビデオも紹介したい。


 今回の旅行でも最も風景が美しく、素晴らしい道路(それゆえに運転が最もタフでもあった)

ということでメンバー一致で賛同するのが、

スイス、ダボスからイタリアはコルティーナ・ダンペッツォへと向かう道である。

詳細については是非以下の記事を参照されたいが、ビデオもこの行程に焦点が置かれている。

 A. スイスから北イタリアへ ~6日目 午前~

 B. イタリアン・アルプス ~6日目 午後~

 C. ドロミーティ山群の絶景 ~6日目 夕方~


 25分近くあるビデオなので、時間のある時にゆっくり見ていただれば幸いだ。




 1:20 : ドイツ、ニュルブルクリンク サーキットへ。

 1:27 - 4:19 : ランボルギーニ ガヤルド、ニュルブルクリンク ノーシュライフを走行。

 4:54 - 6:19 : フェラーリ F430 スイス、ダボスのトンネル内を走行。

 6:30 - 10:10 : ダボスを離れ、国道28号線をフルエラ峠(Fluelapass)頂上へ向かう。

 10:23 - 13:13 : フルエラ峠頂上から国道28号線をさらに東に向かう。

 13:14 - 17:03 : イタリア、SS300、SS241(ボルザーノ東西)を走行。

 17:03 - 17:21 : 山間のトンネルを進むフェラーリF430。

 18:00 - 20:00 : ジアウ峠山頂を目指して峠道を登る

 20:00 - 21:56 : ジアウ峠山頂からSP638を下る。

 21:57 - 23:17 : フェダイア湖沿いのフェダイア峠、SP641を進む。


 18分以降、特に22分辺りからが私が一番気に入っている部分だ。

記事とビデオと両方あわせて楽しんでもらえれば嬉しい。^ ^
スポンサーサイト

category: ハイライト

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: ビデオ  ヨーロッパ  ドライブ  スポーツカー  ドロミーティ  ニュルブルクリンク  サーキット  フェラーリ  ランボルギーニ  峠道 
Posted on 2014/01/05 Sun. 21:48  edit  |  tb: 0   cm: 4  

北イタリアからスイス、ゴッタルド峠を抜けて ~16日目 前半~ 

 ホテル La Locanda Del Notaio (クリックで予約サイトへ)では

気持ちよく晴れた爽やかな朝を迎えた。

 ホテルは下の写真に写っている本館と、そのすぐ左の(写真には写っていない)別館から成っており、

我々が宿泊したのは別館。チェックインした時には真っ暗で、周囲の様子はあまり分からなかったが、

丘の頂上に位置するこのホテルは正面に農家らしき建物があるくらいで、閑静な立地にある。

ホテル正面



 宿泊した部屋のインテリアも、昨夜食事をしたレストランの内装と同じく、

古い家具を上手に使いながらも、上品にすっきりとまとめられており、

かつ全体的に気取り過ぎずに親しみやすい雰囲気で、好感が持てた。


朝食の部屋

朝食の部屋



 糊のきいた清潔感あふれるテーブルクロス上で朝食をすませた後、

朝日の中をホテルの周囲を探検してみると、建物の裏手によく手入れされた芝生が広がる

広い庭があることに気づく。ここは結婚式などに使われることも多いらしい。

ホテル La Locanda Del Notaioの庭

庭のオブジェ


広い庭


ホテルの広い庭



 実はもっとこじんまりしたホテルだろうと勝手に想像していたのだが、

ホテルのロゴ入りのアメニティが浴室に置いてあるし、

昨夜舌鼓を打ったレストランは実はミシュラン星を冠していること、

ホテルも4つ星ホテルだと宿泊してから気づいた次第だ。


 ルガーノ湖とコモ湖の間に位置するこのホテルは、両方の湖を訪れる足場としても、

北イタリアのリゾートエリアの良質なホテルとその雰囲気を

それなりに手軽な値段で楽しむのことができてお勧めだ。
 
ホテル La Locanda Del Notaioの所在地


View Larger Map(クリックで地図を拡大)



 ホテルを出発した後は、イタリアとスイスの両国にまたがるルガーノ湖をを横切る格好で

スイスに入国する。この付近にはスイスの中にイタリアの小さな飛び地もあり、

一本の道路を進むだけで4回以上は国境線を超えただろうか。

 実は地図上ではどうしても見つけられないのだが、

このルガーノ湖付近でフランスの小さな飛び地も一度通過ぎたのを覚えている。

複雑な国境には色々な歴史的背景があるのだろう。

通りすがりの風景

通りすがりに見えた砦?


彫像の美しい道沿いの教会

通り過ぎた、彫像の美しい教会



 スイスに入ってからは、スイスアルプスの南北に伸びる国道2号線(またはE35)を北上する。

この日の目的地はドイツのバーデン=バーデンなので、今回スイスは通過するだけだ。

山岳地帯へと進むにつれて道路の両脇に切り立つ崖が険しくなっていき、

雄大な山々が次第に近づいてくる。

山岳地帯へと近づいていく



正面に立ちはだかる山並み



 そしてだんだんと車の横を通り過ぎるバイクの数が増えていく。これはいい兆候。

良い(峠)道にはバイクが多いからだ。バイク乗りは良い道をよく知っている。

下の写真のバイカーのオジさんは、鏡のように周りの景色を写り込みながら進んでいく

ヘルメットに見とれているうちに、たまたま空いていた車窓越しに目が合ってしまった時の写真。

サングラスで表情がわかりづらいが、我々と笑みを交わしてくれたようだ(笑。

バイカーのオジさん



 途中から高速道路E35を外れ、小さめな国道2号線をたどっていくと、

いきなり前触れもなく道路が石畳に変わって驚かされた。

これでやっと、これはどうも歴史のある古い峠道らしいと気がつく。

石畳の峠道

突然の石畳の道路



 以前にも書いたが、こういう石畳の道はスポーツカーで運転するには大変辛いのだ。

硬いサスペンションは石畳のでこぼこを如実に体に伝え、

しばらくすると細かい振動が腰と背骨に響いてくる。

なぜ21世紀にアスファルト舗装の道路の途中から石畳を残すのかと皆でぼやいているうちに、

やっと再びアスファルト舗装に切り替わって一同ほっとした。

石畳の峠道



 実はここはゴッタルド峠(Gottard)(ドイツ語ではザンクト・ゴットハルト、

イタリア語では サン・ゴッタルド、日本ではフランス語読みのサンゴタール峠としても知られる)

の始まりで、この道がスイスアルプスを超える峠道である。

峠道の最高標高は標高2108メートル。何度も切り返しながら斜面を登って

ずっと頭上に見えていた山頂に少しずつ近づいていく。


山の斜面を登る道路

サンゴダール峠の道



夏場の大変に眺めの良い峠道ではあるものの、

この標高でサイクリストが行き交っているのには少々驚いた。

サイクリストも行き交う峠道



ゴッタルド峠頂上近くから眼下の谷間を望む

道路からの眺め


道路から眼下の谷間を望む



ゴッタルド峠 (St Gotthard Pass)地図


View Larger Map(クリックで地図を拡大)



 峠の南側の眺めをしばらく満喫した後、峠を越えてさらに道を北上していく。

当然ながら今度は峠道を下っていくわけだが、北側の眺めも実に雄大で素晴らしかった。

これだけ眺めの良い道路である、ドライブを楽しむ人々も多い様子で、

オープンルーフにしたスポーツカーやクラッシックカーも数多く見かけた。

くねくねと山を登る峠道の遠景


雄大な山並み



谷あいの鉄道駅

谷あいの鉄道駅



 ゴッタルド峠にはいってからほぼ平地に戻るまで、休憩も含めておよそ1時間ちょっと。

見所が多くて、実際にはもっと長かったように感じられた。

 平地に戻ってからは国道2号線をたどって高速道路E35に戻り、

バーゼルに向かって北上する。ドイツ国境まではまだまだだ。

遠ざかるスイスアルプスの山並み

スイスアルプスを後にする

category: 北イタリア

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 写真  北イタリア  旅行  ヨーロッパ  ゴッタルド峠  アルプス  峠道 
Posted on 2013/10/13 Sun. 05:15  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ドロミーティ山群の絶景 ~6日目 夕方~ 

 6日目、既に午後も遅い時間だが、この日の旅程の残り半分をこなしていく。
 
ステルビオ国立公園内を通るSS300をたっぷり堪能した後、SS42に合流して東に向かう。

進むにしたがって、周囲の山々の形状や地形がこれまでのそれと

少しずつ変わってきていることに気づく。

画像名


画像名


イタリア北部のアルプスはマグネシウム質石灰岩からなるドロミーティ(ドロミテ)と呼ばれる

山群からなっており、我々はこのドロミーティ(Dolomite)山群に向かっていたのだ。

後で知ったことだが、ドロミーティ山群はその独特の地形ゆえにユネスコ世界遺産にも指定されている。


 たまに木々の間から見える美しい山々に歓声を上げながら進むうちに

駐車場を発見、急遽休憩することにした。

偶然にも、ここはドロミーティの中でも美しい風景が見られる場所として

観光用に整備された駐車場付きの公園だった。

エメラルドグリーンの湖水が美しいカレッツァ湖とドロミーティ山群

カレッツァ湖とドロミーティ山群


全く予期していなかっただけに、ドロミーティの山々が緑色の湖面に映える

この光景が目前に広がった時には、それこそ一同息を飲んだ。

今回の旅行でも最も印象深い風景の一つである。

 SS241沿い、ボルザーノ(Bolzano)の西10km程、カレッツァ(Carezza)手前にこの公園がある。

付近を訪れることがあれば是非立ち寄られることをお勧めしたい。

カレッツァ湖 地図 (地図下リンククリックで拡大します)


View Larger Map



 日の長い8月下旬でも日差しが黄昏れてきたなか、さらに東へと進む。

ドロミーティ山群の間を進むフェラーリ



ドロミーティ山群はその複雑な形状が見る角度によって様々な表情を見せる。

カーブを曲がる度に少しずつ様子を変えながら広がる美しい風景は、

黄昏時の日差しの下で一層ドラマティックに美しく見えた。

フェダイア湖(Lago di Fedaia)周辺の氷河を頂くドロミーティ

湖の向こうのドロミーティ上の氷河


ドロミーティと氷河



夕暮れの日差しに映えるドロミーティの山々

夕暮れに映えるドロミーティ




 SS641からSS638に進んだ後は、くねくねと曲がる峠道を進みながら高度を上げていく。

既にかなりの長距離をこなした後でもあり、ドライバーにも少しずつ疲労の色も見られ始める。

しかし最後に峠の頂上、ジアウ峠(Giau Pass、2236m)に到着すると、

ほぼ360度周囲に広がる光景に一同圧倒されて疲労も忘れてしまう程だった。

イタリア ドロミーティ ジアウ峠頂上からの眺め


イタリア ドロミーティ ジアウ峠頂上からの眺め


ジアウ峠


ジアウ峠 夕暮れの山々


ジアウ峠からの夕暮れの眺め


ジアウ峠頂上からの眺め



イタリア ジアウ峠(Giau Pass) 地図


View Larger Map



 残念ながらこの後は暗くなりすぎて、ドライブ中にカメラで撮影するのは無理だったが、

ジアウ峠から下りながら見えた、明るい月がドロミーティの山稜を照らす様子も

大変美しかったのを覚えている。


 この日の目的地はコルティナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)。

ジアウ峠の後、さらに峠道を2つか3つ超えてやっとホテルにたどり着いた時には

夜の9時半過ぎだったろうか。


 この日の走行距離は370km程。距離だけ見ると大したことはないのだが、

ほぼ全行程が峠道だったことを考えると、今回の旅行中で最もタフな旅程の一つだったと言える。

しかし、どの道もその周辺の風景も素晴らしく、ドライブの満足度も一番高い一日だった。

category: 北イタリア

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 写真  ヨーロッパ  ドライブ  フェラーリ  イタリア  ドロミーティ  峠道  ジアウ峠 
Posted on 2013/03/15 Fri. 21:27  edit  |  tb: 0   cm: 0  

イタリアン・アルプス ~6日目 午後~ 

 美味しいランチで全員満足したところで、車に戻る。まだまだ目的地までの道のりは長いのだ。


 実は昼食をとったレストランに行き着く前、ボルミオ(Bormio)の手前で

かの有名なステルビオ峠(Stelvio Pass)へ通じる道(SS38)を取ることもできた。

「スイスから北イタリアへ ~6日目 午前~」の記事でも触れた

BBCのトップギアによる「ヨーロッパ一のドライブルート」はこのステルビオ峠が含まれている。

というよりも、ステルビオ峠があるからこそヨーロッパ一とされたと言ってもいいだろう。

ヨーロッパの数あるドライブルートの中でも最もよく知られている、大変有名な峠道なのだ。


 だが今回我々は、ステルビオ国立公園の北を通るこのステルビオ峠をパスし、

あえて国立公園の南に向かう道路、SS300を選択。

この選択は後ほど全員一致で正解だったと合意する結果になる。

なぜかは下記の写真をご覧頂けば読者の方にも少しお分かり頂けると思う(笑。
 

 ステルビオ峠をパスしたのは、あまりに有名な峠道ゆえに交通量が多く、

思うようにドライブできない可能性が高いこと、また交通量ゆえに路面の状態があまり良くないことが

主な理由。この二つのポイントにおいても我々が選択したルートは実に当たりだった。


 ボルミオ郊外のレストランを出発してしばらくはステルビオ国立公園の境界、

まだ人家も多く見られるエリアを通過していく。

イタリアンアルプスでのトンネル



通りすがりに見えた山間の人家と鋭い山の頂き

道路沿いの風景



美しく花で飾られた建物が並ぶ街並み

通り過ぎるフラワーバスケットが美しい街並み


画像名



山間に覗く氷河

画像名



 ステルビオ国立公園内に戻ると家屋もなく、ひたすら上に向かう道が眼前に伸びる。

細い山道を対向車とすれ違いながら

地元の車とすれ違う



ひたすら登り坂を行く

画像名


画像名


画像名



山頂の氷河が近づいてくる

画像名


画像名


画像名



 この峠道はガヴィア峠(Gavia Pass)と呼ばれるが、この峠の頂上では

見事な山上の氷河(Glacier Dosegu)とその前に建てられた戦争記念碑を見ることができた。

脚を伸ばしに車外に出るものの、さすがに標高2600m以上ある山間、

晴天と言えども風が強く気温も低く、早々に車内に戻る。

氷河の前に建てられた、イタリアの戦争記念碑

画像名



間近に見える氷河と記念撮影

氷河、フェラーリ、ポルシェケイマン



ガヴィア・パス頂上付近の風景

画像名



ここからはしばらく下り道が続くが、カーブを曲がる度に変化する、

氷河を頂く美しいアルプスの山並みは全く見飽きることがなかった。

氷河を頂いた山々が眼前に広がる

フェラーリと万年雪を頂いだアルプス


画像名



画像名


山道を行くフェラーリ


ケイマンの車窓から


画像名



アルプスの万年雪を見ながら休憩

アルプス、万年雪とフェラーリ


アルプス、万年雪とポルシェケイマン



そして更なるドライブ

画像名



 上の写真で道端に「33」という番号が振っているのが分かるだろうか。

これはカーブの番号らしい。峠の上から数えるのか下から数えるのかわからないが、

この番号を見れば後どれだけカーブがあるのか、峠道を通りながら分かる仕組みである。

我々が通ったこの峠道には、数えられるだけでも33を超える数のカーブがあったことになる。



 このSS300を満喫して幹線道路に下りた時点で6日目の路程の半分弱を消化。

メンバー全員、この日は長い一日になるであろうことを感じ始めていた。

category: アルプス山脈

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 写真  アルプス  ヨーロッパ  氷河  スポーツカー  フェラーリ  ガヴィア峠  峠道  ドライブ 
Posted on 2013/02/26 Tue. 20:01  edit  |  tb: 0   cm: 0  

スイスから北イタリアへ ~6日目 午前~ 

 旅行6日目。この日のドライブは今回の旅行のハイライトの一つ。

見どころが沢山あるので、一日を3部(あるいは4部…)構成で綴っていこうと思う。


 6日目のルートはアルプス山脈へ入っていく。

午前中はダボスを北から抜けて、28号線でイタリア国境へと南下し、

イタリア入国後はSS301という道路で南東のステルビオ国立公園(地図上左手緑色の部分)

に向かって進む。この旅行の後に知ったことだが、このルートはBBCのトップ・ギアという番組の、

ヨーロッパで一番素晴らしいドライブ・ルートをスーパーカーで踏破するというエピソード

(シリーズ10、エピソード1)でも紹介されている。

6日目ルート

6日目ルート


この日の天気は快晴。青空の下、ダボスを離れる。

ダボスを出発

ダボスを出発



28号線を南下、少しずつ高度が上がっていく

フェラーリ 峠道を登る



フルエラ峠(Fluelapass)にて休憩

湖畔で休憩


湖畔のフェラーリ



再び道路へ


ヨーロッパで一番のルートかどうかはさておき、適度なカーブを楽しみながら山々の間を進んでいく

この道は、この日の全行程の幕開けとしてふさわしかったと言っていいだろう。


 ところで、道路の脇に高い木の棒が並んでいるのに気づいた方もいるかもしれない。

これは冬場に雪が積もってもどこが道路かわかるようにするためのもので、

ヨーロッパの特に山間ではよく見かけるものだ。

道路から峡谷を望む

峠道を登る



イタリア、リヴィニョへ向かって

スイスの道路標識



 スイス-イタリア国境手前には、3km以上続く一車線トンネル"Munt la Schera Tunnel"がある。

一車線であるためにトンネルの手前で20分程度だったろうか、かなり長いこと信号待ちした後

トンネル内へ。一車線だけという狭いトンネルが3km以上続くので、

閉所恐怖症の方には少々辛い場所かもしれない。

Munt la Schera Tunnel内部

一方通行トンネル


 トンネルを抜けると、リヴィニョ湖(Livigno Lake)沿いのスイス-イタリア国境だ。

リヴィニョ湖は貯水目的で作られたダム湖らしく、国境の検問所はこのダム壁上に設置されている。

スイス-イタリア国境


国境検問所を通過してイタリアへ入国。リヴィニョ湖沿いの道を進む。

湖畔を進む


下の写真はリヴィニョ湖の南端から北を眺めたところで、

左側に写っているトンネルが我々が通過してきた道だ。

山岳地帯では道路上への落石を防ぐために、このように片方が開いたトンネルを山沿いによく見かけた。

リヴィニョ湖沿いのトンネル



リヴィニョ湖畔のカフェでコーヒー休憩

イタリア カフェで休憩



リヴィニョ湖を離れて再び道路へ

休憩後 再び道路へ



湖越しに見るリヴィニョ(Livigno)の街並み

リヴィニョの街並み



 リヴィニョの後はSS301を南東に向かってステルビオ国立公園に向かって進む。

道はずっと登り。少しずつ、でも着実に高度が上がっていき、

今まで見上げていた山々の頂がだんだんと目線の高さに近づいてくる。

ひたすら道を登る


アルプスの山々



下の写真はGoPro HD HERO2 (モータースポーツエディション)を使って

フェラーリの追い越しの瞬間を撮影しているところ(笑。

「アクション!」

GoProとフェラーリ



周囲の雄大なアルプスの山々

画像名



フェラーリ、青い山脈を背景に

フェラーリF430 山脈を背景に



アルプスの万年雪とテックアートGTスポーツ

テックアートGTスポーツ 青い山脈を背景に



道端に咲いていた可憐な花

ピンクの可憐な花



 6日目午前中はこれでやっと全行程の4分の1程度。まだまだ道は続く。

category: アルプス山脈

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 写真  フェラーリ  ドライブ  イタリア  ヨーロッパ  スポーツカー  峠道 
Posted on 2013/02/22 Fri. 20:15  edit  |  tb: 0   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。