04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ホテル情報:ロザペトラ ~北イタリア、コルティナ・ダンペッツォ~ 

 旅行6日目は北イタリア、コルティナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)の

ロザペトラ (Rosapetra Spa Resort)に宿泊。


 コルティナ・ダンペッツォは周囲の三方を山に囲まれているスキーリゾートで、

1956年には冬季オリンピックが開催された場所。


ホテルの少し北方に当時使われたスキージャンプ台を今でも遠目に見ることができる。

 旅行6日目の記事にも書いた通り、この日は今回の旅行を通じて最もタフなドライブ内容だったのと、

ホテルに到着したのが夜9時過ぎと遅かったので、チェックインして荷物を車から降ろした時には

メンバー全員くたくただったのだが、洗練されたスキーリゾートのホテルという描写がぴったりする

レセプションから清潔で居心地の良い部屋に荷物を降ろした時には皆ほっとした。


ロザペトラ ホテル外観

Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ 外観



部屋に通じる廊下

Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ



 ホテルの部屋の床と壁は、塗装のない白木で覆われている。

我々が滞在した2012年はホテルがオープンしてまだ数ヶ月かしか

経っていなかったこともあるのだろう、部屋に入るとほんのりと木の香りがして、

それだけでもなんとなく癒やされた。

恐らく冬場のスキー観光客を主なターゲットにしているためか、ホテル内の床は

スキー靴で歩いても傷やダメージが少なかったり目立たない、

かつ安っぽくない素材が上手に使われている。

屋根が傾斜しているので写真では狭く見えるかもしれないが、

部屋も十分な広さがあり、収納スペースも沢山あっったりと、あちこちに心配りを感じる内装だ。

ベッドリネンも高スレッドカウントの肌触りの良いものが使われている。


ホテルの部屋の様子

Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ


Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ


Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ



 着替えも早々に夕食のためにホテル内のレストランに夕食のために駆け込んだが、

照明を落としたシックな雰囲気のレストランは、食事内容も満足できるものだった。


ホテル内レストランにて

Rosapetra Cortina d'Ampezzo コルティナ・ダンペッツォ ロザペトラ



 実は、「ホテル・宿泊地の選び方 ~後日談~ 」でも少し書いたが、

当日の朝までその夜宿泊するホテルが決まっていなかったというのがこの日だったのだ。

6日目の朝、サンスター・パークホテル・ダボスで朝食を済ませた後、

当日の夜の宿を皆であちこち探してやっと見つけたのがこのロザペトラだったのだが、

部屋も食事もレベルが高く、しかも指紋施錠ゲートを備えた

地下駐車場もあることから(「イタリア ゴリツィア地方へ ~7日目~ 」記事内の写真を参照のこと)、

ギリギリで見つけたホテルにも関わらず今回の旅行にはぴったりで、

一泊しかしないのは勿体ないようだと、皆で笑いながら話した程だ。


 私は使わなかったが、地階のプールやジムの設備も充実していたそうだし、

朝ホテルから見えるドロミテ(またはドロミーティ)の山々の眺めは実に美しい。

また訪れたいと思ったホテルの一つである。



  ==== 基本情報 ====

 ・二人部屋価格: 120ユーロ(2012年8月当時)、朝食込み

 ・駐車場: 指紋認証ゲートで閉ざされた地下駐車場有り。

 ・コルティナ・ダンペッツォの郊外に位置し、市街地まではタクシーで15分程。


 ・ホテルウェブサイト:http://www.rosapetracortina.it/en/

 ・日本語での予約はこちらから

 ===================
スポンサーサイト

category: ドライブ旅行 コツとヒント

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 旅行  ヨーロッパ  北イタリア  ホテル  コルティナ・ダンペッツォ 
Posted on 2014/06/01 Sun. 17:25  edit  |  tb: 0   cm: 0  

北イタリアからスイス、ゴッタルド峠を抜けて ~16日目 前半~ 

 ホテル La Locanda Del Notaio (クリックで予約サイトへ)では

気持ちよく晴れた爽やかな朝を迎えた。

 ホテルは下の写真に写っている本館と、そのすぐ左の(写真には写っていない)別館から成っており、

我々が宿泊したのは別館。チェックインした時には真っ暗で、周囲の様子はあまり分からなかったが、

丘の頂上に位置するこのホテルは正面に農家らしき建物があるくらいで、閑静な立地にある。

ホテル正面



 宿泊した部屋のインテリアも、昨夜食事をしたレストランの内装と同じく、

古い家具を上手に使いながらも、上品にすっきりとまとめられており、

かつ全体的に気取り過ぎずに親しみやすい雰囲気で、好感が持てた。


朝食の部屋

朝食の部屋



 糊のきいた清潔感あふれるテーブルクロス上で朝食をすませた後、

朝日の中をホテルの周囲を探検してみると、建物の裏手によく手入れされた芝生が広がる

広い庭があることに気づく。ここは結婚式などに使われることも多いらしい。

ホテル La Locanda Del Notaioの庭

庭のオブジェ


広い庭


ホテルの広い庭



 実はもっとこじんまりしたホテルだろうと勝手に想像していたのだが、

ホテルのロゴ入りのアメニティが浴室に置いてあるし、

昨夜舌鼓を打ったレストランは実はミシュラン星を冠していること、

ホテルも4つ星ホテルだと宿泊してから気づいた次第だ。


 ルガーノ湖とコモ湖の間に位置するこのホテルは、両方の湖を訪れる足場としても、

北イタリアのリゾートエリアの良質なホテルとその雰囲気を

それなりに手軽な値段で楽しむのことができてお勧めだ。
 
ホテル La Locanda Del Notaioの所在地


View Larger Map(クリックで地図を拡大)



 ホテルを出発した後は、イタリアとスイスの両国にまたがるルガーノ湖をを横切る格好で

スイスに入国する。この付近にはスイスの中にイタリアの小さな飛び地もあり、

一本の道路を進むだけで4回以上は国境線を超えただろうか。

 実は地図上ではどうしても見つけられないのだが、

このルガーノ湖付近でフランスの小さな飛び地も一度通過ぎたのを覚えている。

複雑な国境には色々な歴史的背景があるのだろう。

通りすがりの風景

通りすがりに見えた砦?


彫像の美しい道沿いの教会

通り過ぎた、彫像の美しい教会



 スイスに入ってからは、スイスアルプスの南北に伸びる国道2号線(またはE35)を北上する。

この日の目的地はドイツのバーデン=バーデンなので、今回スイスは通過するだけだ。

山岳地帯へと進むにつれて道路の両脇に切り立つ崖が険しくなっていき、

雄大な山々が次第に近づいてくる。

山岳地帯へと近づいていく



正面に立ちはだかる山並み



 そしてだんだんと車の横を通り過ぎるバイクの数が増えていく。これはいい兆候。

良い(峠)道にはバイクが多いからだ。バイク乗りは良い道をよく知っている。

下の写真のバイカーのオジさんは、鏡のように周りの景色を写り込みながら進んでいく

ヘルメットに見とれているうちに、たまたま空いていた車窓越しに目が合ってしまった時の写真。

サングラスで表情がわかりづらいが、我々と笑みを交わしてくれたようだ(笑。

バイカーのオジさん



 途中から高速道路E35を外れ、小さめな国道2号線をたどっていくと、

いきなり前触れもなく道路が石畳に変わって驚かされた。

これでやっと、これはどうも歴史のある古い峠道らしいと気がつく。

石畳の峠道

突然の石畳の道路



 以前にも書いたが、こういう石畳の道はスポーツカーで運転するには大変辛いのだ。

硬いサスペンションは石畳のでこぼこを如実に体に伝え、

しばらくすると細かい振動が腰と背骨に響いてくる。

なぜ21世紀にアスファルト舗装の道路の途中から石畳を残すのかと皆でぼやいているうちに、

やっと再びアスファルト舗装に切り替わって一同ほっとした。

石畳の峠道



 実はここはゴッタルド峠(Gottard)(ドイツ語ではザンクト・ゴットハルト、

イタリア語では サン・ゴッタルド、日本ではフランス語読みのサンゴタール峠としても知られる)

の始まりで、この道がスイスアルプスを超える峠道である。

峠道の最高標高は標高2108メートル。何度も切り返しながら斜面を登って

ずっと頭上に見えていた山頂に少しずつ近づいていく。


山の斜面を登る道路

サンゴダール峠の道



夏場の大変に眺めの良い峠道ではあるものの、

この標高でサイクリストが行き交っているのには少々驚いた。

サイクリストも行き交う峠道



ゴッタルド峠頂上近くから眼下の谷間を望む

道路からの眺め


道路から眼下の谷間を望む



ゴッタルド峠 (St Gotthard Pass)地図


View Larger Map(クリックで地図を拡大)



 峠の南側の眺めをしばらく満喫した後、峠を越えてさらに道を北上していく。

当然ながら今度は峠道を下っていくわけだが、北側の眺めも実に雄大で素晴らしかった。

これだけ眺めの良い道路である、ドライブを楽しむ人々も多い様子で、

オープンルーフにしたスポーツカーやクラッシックカーも数多く見かけた。

くねくねと山を登る峠道の遠景


雄大な山並み



谷あいの鉄道駅

谷あいの鉄道駅



 ゴッタルド峠にはいってからほぼ平地に戻るまで、休憩も含めておよそ1時間ちょっと。

見所が多くて、実際にはもっと長かったように感じられた。

 平地に戻ってからは国道2号線をたどって高速道路E35に戻り、

バーゼルに向かって北上する。ドイツ国境まではまだまだだ。

遠ざかるスイスアルプスの山並み

スイスアルプスを後にする

category: 北イタリア

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 写真  北イタリア  旅行  ヨーロッパ  ゴッタルド峠  アルプス  峠道 
Posted on 2013/10/13 Sun. 05:15  edit  |  tb: 0   cm: 0  

イタリア、コモ湖へ ~15日目~ 

 15日目の朝には一週間滞在したヴィラを出発。

これからイタリアからイギリスに向かって北上ルートを取り、実質帰途に向かうことになる。


 次の目的地、コモ湖(Lago di Como)とルガーノ湖(Lago di Lugano)の中間地点までは

一気に高速に乗ってしまえば一番簡単かつ早いのだが、それではドライブがつまらないので

(かなりの)遠回りになることを承知の上で、

ガルダ湖の北の山岳地帯を通過するルートを取ることに決定。

昨日通った山岳ルートも大変良かったので、ルート最初の四分の一は昨日と同じ道をたどることする。


15日目 ルート

画像名



 一週間滞在した閑静なヴィラにも、この朝別れを告げる。

ヴィラ出発の朝、中庭にて

出発の朝、ヴィラの中庭にて



 この日は天気も上々、暑すぎず寒すぎずの気持ち良い天候のなか、

昨日に引き続き車がいない高速道路、A31を再び貸切状態で北上していく。

他に車のいない高速道路



 イタリアだけでなくフランスやスペインでも同じことが言えるが、

ガソリンスタンドの店内に時々併設されている小さなカフェで出すコーヒーが安くて美味しい。

もちろん、とびっきり美味しいというわけでなく、ごく稀に外れもあるが、

カプチーノ一杯が大体1ユーロちょっとという値段を考えると、

ドライブの途中で一息つきたい時には十分以上の品質なのだ。

この日も山岳地帯に本格的に入っていく前に、

ガソリンスタンドのカフェでクロワッサンとカプチーノで軽く休憩を取ることにした。


高速道路終点近くのガソリンスタンドで休憩

高速道路の終点のガソリンスタンドにて軽食




 この後は昨日同様、峠道が続く少しマイナーな道路を北上していく。

人家が少ないエリアでは放牧されている家畜と行き交うことも珍しくない。


牛:「何か用?」 いや、君にどいて欲しいんだが…

道路上で放牧牛と遭遇



 交通量の少なく眺めの良い道路では、

車外搭載可能なカメラ(GoPro HD HERO2 モータースポーツエディション)

を使ってビデオ撮影などもしながら進んでいく。
 

GoProにて動画撮影



 
 トレント(Trento)に近づくと、先日ガルーダ湖周辺で見たような

断層がはっきりと見える崖を多く見かけるようになる。

またその崖っぷちに家屋が建てられている光景を見て、

なんとなく大丈夫なのだろうかなどと思ってしまうのは、やはり私が日本人だからだろうか。


断層の上の村々

岸壁の上の村々



 
 トレントの街に入ると、さすがに中世からの歴史を誇る街らしく、街の規模も大きく、

あちこちに歴史のありそうな建物を見かける。また、公園に大規模な彫刻がいくつか設置してあったりと、

今も文化的にも豊かな様子を感じさせた。今回我々は残念ながら通過しただけだが、

見所のある建築物も沢山あるようなので、観光客で賑わうのだろうと思われる。


トレント(Trento)の街並み

画像名


画像名



古い城壁の残り、だろうか

古い城壁



トレント郊外の戦没者記念碑(と思われる)

戦没者記念碑



 トレントを通過した後は進路を西に取る。SS45bisという道路沿いでは

トブリーノ湖(Lago di Toblino)という、緑色の湖水が美しい湖畔を通過した。

湖畔のいかにも北イタリアらしい趣のある建物があちこちに見かけたことから、

おそらく知っている人は知っている落ち着いたリゾート地の一つなのだろう。


トブリーノ湖(Lago di Toblino)湖畔の美しい風景

美しい湖畔の風景



この後、Tione di Trento という街からはSS239という道路に切り替えて更に北上する。

この道路は山岳国立公園エリアに左右から挟まれ、山々の美しい眺めを楽しむことができた。

山並みへ近づいていく



SS239の路端にて休憩

山々とスポーツカー


山々とフェラーリ



SS239から望む、青空と白雲と牧場の緑が美しい風景

青空と白雲と緑が美しい光景



美しい夏山と記念撮影

美しい夏山との記念ショット




 この後はさらにSS42に道を切り替え、進路を西に進めていく。

SS42道路上のPasso del Tonale の前後では、山々の麓から頂きまでを一望出来る場所もあって、

走りながら雄大なスケールの風景を楽しむことができた。


万年雪を頂く山々

万年雪を頂く山並み



道路からの夏山の眺め

道路からの夏山の眺め


通り過ぎていく荒々しい山々(白黒)



SS42道路沿いの民家と山並み

SS42道路沿いの民家と山並み



イタリア、Passo del Tonale (SS42)


View Larger Map (クリックで拡大)




 雄大な山々の眺めを楽しみながら、更に道をSS39からSS38に切り替えて

コモ湖(Lago di Como)へと向かう。

この時点でこの日の路程のやっと半分以上、三分の二以下をこなしたことになる。


 予定ではコモ湖の南端を回って今夜の宿泊地に向かうルートだが、

このままでは到着がかなり夜遅くなることが予想されたために急遽予定を変更、

コモ湖の北端をそのまま西に進むことにした。


 …という予定だったのだが、色々あってコモ湖北端で取る道を間違ってしまい、

結局コモ湖南端を回っていかなければならないはめになってしまった。



 9月上旬とは言えどもこの時間になるとさすがに日が傾き、影も長くなる。

コモ湖の南端から時計回りに進む湖畔の道は古い街並みを通ることが多く、

交通量が多い上に道幅が狭い。

長時間の運転で疲れている時に運転するにはなかなか辛いのだ。


夕暮れ時に通りすぎた教会の尖塔

通り過ぎた教会の尖塔



 下の写真はごみごみした道の後で大きめの幹線道路に出てほっとした際に撮影したもの。

コモ湖西の道路




 この時点で目的地まで距離的にはあまり遠くないのだが、

速度制限や細い街道を通っていくために思ったように距離を縮めることができないでいるうちに

とうとう日も落ちてしまった。


 コモ湖では大きな噴水が夕暮れ時の街の光に映えてきれいだったのだが、

下の写真の中央にぼんやりと見えるだろうか…。


夕暮れ時のコモ湖の風景

夕暮れのコモ湖



 ちなみに、上写真内右下に写り込んでいるのは他車と連絡を取るための無線端末である。



 そうこうするうちに、夜も8時半を回って、やっと今晩の宿

La Locanda Del Notaio(クリックで予約サイトへ)に到着することができた。



 荷物を部屋に下ろすのも早々に、夕食のためにホテルのレストランに入ったのが9時頃だったろうか。

日もとっぷりと暮れて暗く、周辺の様子もあまりよく見えない状態でチェックイン。

 このホテルのレセプションもレストランでも人々が実に感じがよく、

大変に遅いチェックインにも関わらずのこの歓待は、

長い一日の後で疲れていたメンバー一同には嬉しいものだった。


 また、このホテル内のレストランの食事が実に美味しかったのだ。

あまりに疲れていたので食事の詳細は覚えていないのだが(笑、

写真で食事の様子が伝われば幸いである(ホワイトバランスがバラバラで申し訳ない…)。


まずはプロセッコで乾杯

プロセッコ



実に美味しかった地元産のビール

美味しいビールのラベル



ホームメイドと思われるパンの各種

美味しそうな各種パン



 ツナのタルタルの突き出し(?)。何でマリネしたのか分からないが、ツナも新鮮で実に美味。

ツナのタルタルの前菜



タコ(と何か)の前菜

タコと何かの前菜



前菜の一つ(笑

もう一つ前菜



地元産の魚介類のメインコース

地元の魚のメインコース



子羊のメインコース

子羊のメインコース



チョコレートムースのデザート

デザート



カネロニ風アイスクリームのデザートと飴菓子

デザート2



食後酒(だったか…?)

食後酒



もちろん、全てを私一人で食べたわけではなく、

他のメンバーが注文したものも含まれているので安心を(笑。


 この日は予想以上に長い一日だったが、その分盛り沢山な一日となった。


夜の駐車場にて

駐車場で眠る車

category: 北イタリア

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 旅行  ヨーロッパ  北イタリア  写真  コモ湖  スポーツカー 
Posted on 2013/07/02 Tue. 05:51  edit  |  tb: 0   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。