07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ヨーロッパドライブ旅行ハイライト ビデオ 

 前回の記事にて2012年夏のヨーロッパドライブ旅行記は終了したのだが、

折角なので旅行のハイライトを編集したビデオも紹介したい。


 今回の旅行でも最も風景が美しく、素晴らしい道路(それゆえに運転が最もタフでもあった)

ということでメンバー一致で賛同するのが、

スイス、ダボスからイタリアはコルティーナ・ダンペッツォへと向かう道である。

詳細については是非以下の記事を参照されたいが、ビデオもこの行程に焦点が置かれている。

 A. スイスから北イタリアへ ~6日目 午前~

 B. イタリアン・アルプス ~6日目 午後~

 C. ドロミーティ山群の絶景 ~6日目 夕方~


 25分近くあるビデオなので、時間のある時にゆっくり見ていただれば幸いだ。




 1:20 : ドイツ、ニュルブルクリンク サーキットへ。

 1:27 - 4:19 : ランボルギーニ ガヤルド、ニュルブルクリンク ノーシュライフを走行。

 4:54 - 6:19 : フェラーリ F430 スイス、ダボスのトンネル内を走行。

 6:30 - 10:10 : ダボスを離れ、国道28号線をフルエラ峠(Fluelapass)頂上へ向かう。

 10:23 - 13:13 : フルエラ峠頂上から国道28号線をさらに東に向かう。

 13:14 - 17:03 : イタリア、SS300、SS241(ボルザーノ東西)を走行。

 17:03 - 17:21 : 山間のトンネルを進むフェラーリF430。

 18:00 - 20:00 : ジアウ峠山頂を目指して峠道を登る

 20:00 - 21:56 : ジアウ峠山頂からSP638を下る。

 21:57 - 23:17 : フェダイア湖沿いのフェダイア峠、SP641を進む。


 18分以降、特に22分辺りからが私が一番気に入っている部分だ。

記事とビデオと両方あわせて楽しんでもらえれば嬉しい。^ ^
スポンサーサイト

category: ハイライト

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: ビデオ  ヨーロッパ  ドライブ  スポーツカー  ドロミーティ  ニュルブルクリンク  サーキット  フェラーリ  ランボルギーニ  峠道 
Posted on 2014/01/05 Sun. 21:48  edit  |  tb: 0   cm: 4  

北イタリア、峠道周遊 ~14日目~ 

 コルティナ・ダンペッツォに向けて移動した際に見たドロミーティ山群の美しさが忘れられず、

14日目は再び北上して山岳地帯エリアをドライブすることに。


旅行14日目ルート

14日目ドライブルート



ドライブ出発前の朝

出発を待つポルシェ ケイマンS テックアート



 まずヴィツェンツァ(Vicenza)東からA31という高速道路に乗って北に向かったのだが、

全くと言っていいほど車がおらず、ほぼ全道路が貸切状態だった(笑。

比較的近年に建築された高速道路らしく、路面の状態も上々で、この日の好スタートとなる。


見事なまでに誰もいない高速道路(A31)

誰もいない高速道路



このA31は我々が向かっている山岳地帯の手前で終わりを迎える。

考えてみれば、高速道路の終点というのも普段あまり見ないものだ。


山々が立ち上がる手前で終点を迎える高速道路(A31)

高速道路の終点



 この後は普通の道路を進む。まずSP349という道路を登っていくが、

のっけから下の写真のような典型的な峠道である。この後のルートにも期待できようというもの。


いろは坂並みの峠道

いろは坂並みの峠道



その後の山道でも対向車両もほぼいない状態で、気持ちの良い緑濃い景色の中、

窓を開けて快適な気温の新鮮な空気を楽しみながら進んでいく。

下の写真で道の中央で撮影されているように見えるものがいくつかあるが、、多分気のせいである(笑。


誰もいない山道

山道



通り過ぎる街の家並み

通り過ぎた街並み



 道中いくつか小さな街々を通過したが、どこも綺麗だったのが印象的だった。

道にゴミ等が無く、家々は綺麗に手入れされた植栽で飾られているのだ。

ドイツ南部からスイス、北イタリアに至るまでは比較的どの街並みも綺麗だったように思う。

我々が通過した風光明媚なエリアはリゾート地としても需要があるはずであり、

ある程度裕福なエリアであろうことがその背景としてあるのかもしれないが、

美しい街並みは旅行者の目にも楽しいものだ。


 街々を後にし、また誰もいない道路を進んでいく。

画像名



次第に近づいてくる山並み

近づいてくる山並み



 道を進むに従って標高も上がっていき、

それまで見上げていた街や村の家並みが眼下に広がるようになる。


道路から眼下に広がる景色

眼下に広がる景色



山岳地帯なので当然トンネルも多い。


連なるトンネル

連なるトンネル




通過したスキーリゾートの一つ、Predazzoの街並み

通過したスキーリゾート


夏場のスキーリゾート



 プレダッツォ(Predazzo)からそれまでの道路SS48からSS50に切り替えて東に進む。


カーナビ画面上に表示されるSS50

カーナビ上の峠道



 このSS50という道路の南東にParco Nazionale Dolomiti Bellunesiという

ドロミーティ山群(Dolomites, Dolomitis)を擁する国立公園があるのだが、

SS50上の特にローレ峠(Passo Rolle)付近からはその独特の山並みを堪能することができた。

ちょうどこの時は曇り空で山頂も雲をかぶっていたが、

この天気がドロミーティ山群独特の雄大かつ切り立った山並みを一層ムーディーに見せていた。


ドロミーティの山々と再会

画像名



ローレ峠(Passo Rolle)の駐車場にて休憩

ドロミーティとポルシェケイマンSベース テックアート



眼前に広がる雄大な景色の中を進んでいく

ドロミーティ


山へ向かって進む



イタリア、ローレ峠(Pssso Rolle)


View Larger Map (クリックで地図を拡大)



画像名



 SS50からのドロミーティの眺めを堪能した後進路を再び東に取り、SP347に切り替えて、

瀟洒な佇まいの四つ星ホテル等を横目に見ながら、上記の国立公園の北を山々と平行に進んでいく。

4つ星ホテルの外装



スキーリゾート地を進む

スキーリゾート街を進む


ドロミーティ山群


教会の尖塔とアルプス



 最後は上記国立公園内を南に向かって進路を取り、美しい山並みに別れを告げた。

この日は休憩時間も含めて8時間程のドライブだったろうか。

この日最後のドロミーティ山群の眺め

夕暮れ近くのドロミーティ山群




 空腹にドライブの疲れも相まって、帰途はこの日の晩の食事の相談に費やした後、

宿泊先のヴィラ近くの小さなレストラン(もちろん英語は通じない)に飛び込むことに。

きのこを使った季節メニューがあるというのでそれを注文すると、これが大変美味。

旅行中の食事に迷ったら、やはり地元の季節の材料を使ったものを選ぶとまず間違い無い。


季節のきのこの前菜、ポレンタ添え

きのことポレンタの前菜



ステーキ、季節のきのこ添え

ステーキのきのこ添え



特にステーキがジューシーで柔らかく、風味も豊かで美味だったのだが、

写真からボリュームが伝わるだろうか、

それなりの大きさの肉を一人分二切れも食べきれず、無念ながらも残すことに…。


 満足度の高い、典型的なドライブ旅行の一日だった。

category: 北イタリア

thread: 旅行、旅、ドライブ

janre: 旅行

tag: 写真  イタリア  ドロミーティ  旅行  スポーツカー 
Posted on 2013/06/24 Mon. 19:12  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ドロミーティ山群の絶景 ~6日目 夕方~ 

 6日目、既に午後も遅い時間だが、この日の旅程の残り半分をこなしていく。
 
ステルビオ国立公園内を通るSS300をたっぷり堪能した後、SS42に合流して東に向かう。

進むにしたがって、周囲の山々の形状や地形がこれまでのそれと

少しずつ変わってきていることに気づく。

画像名


画像名


イタリア北部のアルプスはマグネシウム質石灰岩からなるドロミーティ(ドロミテ)と呼ばれる

山群からなっており、我々はこのドロミーティ(Dolomite)山群に向かっていたのだ。

後で知ったことだが、ドロミーティ山群はその独特の地形ゆえにユネスコ世界遺産にも指定されている。


 たまに木々の間から見える美しい山々に歓声を上げながら進むうちに

駐車場を発見、急遽休憩することにした。

偶然にも、ここはドロミーティの中でも美しい風景が見られる場所として

観光用に整備された駐車場付きの公園だった。

エメラルドグリーンの湖水が美しいカレッツァ湖とドロミーティ山群

カレッツァ湖とドロミーティ山群


全く予期していなかっただけに、ドロミーティの山々が緑色の湖面に映える

この光景が目前に広がった時には、それこそ一同息を飲んだ。

今回の旅行でも最も印象深い風景の一つである。

 SS241沿い、ボルザーノ(Bolzano)の西10km程、カレッツァ(Carezza)手前にこの公園がある。

付近を訪れることがあれば是非立ち寄られることをお勧めしたい。

カレッツァ湖 地図 (地図下リンククリックで拡大します)


View Larger Map



 日の長い8月下旬でも日差しが黄昏れてきたなか、さらに東へと進む。

ドロミーティ山群の間を進むフェラーリ



ドロミーティ山群はその複雑な形状が見る角度によって様々な表情を見せる。

カーブを曲がる度に少しずつ様子を変えながら広がる美しい風景は、

黄昏時の日差しの下で一層ドラマティックに美しく見えた。

フェダイア湖(Lago di Fedaia)周辺の氷河を頂くドロミーティ

湖の向こうのドロミーティ上の氷河


ドロミーティと氷河



夕暮れの日差しに映えるドロミーティの山々

夕暮れに映えるドロミーティ




 SS641からSS638に進んだ後は、くねくねと曲がる峠道を進みながら高度を上げていく。

既にかなりの長距離をこなした後でもあり、ドライバーにも少しずつ疲労の色も見られ始める。

しかし最後に峠の頂上、ジアウ峠(Giau Pass、2236m)に到着すると、

ほぼ360度周囲に広がる光景に一同圧倒されて疲労も忘れてしまう程だった。

イタリア ドロミーティ ジアウ峠頂上からの眺め


イタリア ドロミーティ ジアウ峠頂上からの眺め


ジアウ峠


ジアウ峠 夕暮れの山々


ジアウ峠からの夕暮れの眺め


ジアウ峠頂上からの眺め



イタリア ジアウ峠(Giau Pass) 地図


View Larger Map



 残念ながらこの後は暗くなりすぎて、ドライブ中にカメラで撮影するのは無理だったが、

ジアウ峠から下りながら見えた、明るい月がドロミーティの山稜を照らす様子も

大変美しかったのを覚えている。


 この日の目的地はコルティナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)。

ジアウ峠の後、さらに峠道を2つか3つ超えてやっとホテルにたどり着いた時には

夜の9時半過ぎだったろうか。


 この日の走行距離は370km程。距離だけ見ると大したことはないのだが、

ほぼ全行程が峠道だったことを考えると、今回の旅行中で最もタフな旅程の一つだったと言える。

しかし、どの道もその周辺の風景も素晴らしく、ドライブの満足度も一番高い一日だった。

category: 北イタリア

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 写真  ヨーロッパ  ドライブ  フェラーリ  イタリア  ドロミーティ  峠道  ジアウ峠 
Posted on 2013/03/15 Fri. 21:27  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。