10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

日本語と日本円で海外ホテル検索!


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

ホテル情報:ホテル・ハイリゲンシュタイン ~ドイツ、バーデン=バーデン(Baden-Baden)~ 

 旅行4日目はドイツはバーデン=バーデン(Baden-Baden)の郊外の

Hotel Heiligenstein に滞在した。


 このホテルについては、こちらでも夕食の写真と共に紙面を割いているが、

新しい写真を交えてもう一度ここに情報をまとめておきたい。


 バーデン=バーデンと言えば、湯治地として有名だが、市街地中心に近いところでは

今回のドライブ旅行の条件に合う良いホテルがなかなか見当たらないため、

敢えて少し郊外に宿泊することにした。

…という理由もあるが、実はハイリゲンシュタインには以前にも宿泊したことがあり、

その際の居心地の良さから今回も利用させてもらうことにしたのだ。


 郊外と言っても、バーデン=バーデン中心から車で15分、そんなに遠くない。

バーデン=バーデン中心、ツーリスト・インフォメーション・センターのすぐ近くには

大容量の地下駐車場があるので、街の中心で車を駐めて観光を楽しんだ後に

ベースキャンプのホテルとして利用するのにも便利だ。


 ハイリゲンシュタインは住宅街の一番奥に位置しているが、

カーナビを使えば問題なくたどり着けるはず。


ホテルへの道沿いにはぶどう畑が広がる

Hotel Heiligenstein ホテル・ハイリゲンシュタイン ドイツ バーデン=バーデン



  ホテル近郊はワイン醸造用のブドウ畑が広がり、あちこちにワイン醸造所の看板が出ていて、

そういう土地柄を反映して、幾つかの部屋はワインをテーマにした内装が施されていたりする。

部屋ごと、また部屋のランクに応じて少しずつ異なる内装が施されているので、

予約時にインテリアで部屋を選ぶのもいいだろう。


ワインをテーマにしたインテリアが施された部屋の一つ

Hotel Heiligenstein ホテル・ハイリゲンシュタイン ドイツ バーデン=バーデン



ハイリゲンシュタインには珍しく、アフリカをテーマにした部屋

Hotel Heiligenstein ホテル・ハイリゲンシュタイン ドイツ バーデン=バーデン



 我々は何度か利用しているので、スタッフとも顔なじみになった程だが、

一番最初に滞在した時から、四つ星ホテルと言えども気取らない、

アットホームな雰囲気が居心地よかったのを覚えている。

部屋はずば抜けて広い訳ではないが、アメニティも充実しており、

さらに部屋に限らずレストランなど、ホテルのどこを見てもも実に清掃が行き届いていて清潔だ。

立地のお陰で夜間も実に静かで、市街地のホテルではありがちな、

外の騒音が気になるようなこともなく、ぐっすり眠ることができる。


 夕食はホテル内のレストランを予約することをお勧めする。

宿泊者だけでなく、地元の人々もレストランに食事に来ているようで、

地元の人が使う食事処にはまず間違いはない(笑。

以前の記事にもいくつか料理の写真をアップしているが、どれも外れなく美味しい。

天気が良ければ、ぜひ外のテラス席に座って、地元のワインと共に料理を楽しむのをお勧めする。


 今回の旅行中に利用したホテルの中でもお勧めのホテルの一つである。


  ==== 基本情報 ====

 ・二人部屋価格: 115ユーロ(2012年8月当時)、朝食込み

 ・駐車場: ホテル正面と脇に専用の屋外駐車場有り。住宅街の一番奥なので、とても静かで安全。

 ・ホテル近辺にはワインテイスティングをさせてくれるワイン醸造所もいくつかある。


 ・ホテルウェブサイト:http://www.hotel-heiligenstein.de/html/e-home.html

 ・日本語での予約はこちらから

 ===================
スポンサーサイト

category: ホテル、宿泊地

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: ヨーロッパ  旅行  ドライブ  ドイツ  ホテル 
Posted on 2014/05/29 Thu. 04:23  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ホテル情報: Hotel Kasteelhof 'T Hooghe ~ベルギー、イーペル~ 

 これからはドライブ旅行中に宿泊した各ホテルについて、

価格も含めた詳細情報や宿泊した感想などを写真を交えて綴っていこうと思う。


 まず旅行一日目に宿泊した、ベルギーはイーペル(Ypres)郊外のホテル、

Hotel Kasteelhof 'T Hooghe について。

ホテルエントランスから見たホテル外観

Hotel Kasteelhof 'T Hooghe 建物外観



ダイニングルーム前にはテラス席も

Hotel Kasteelhof 'T Hooghe テラス



古い建物の内装を活かした、落ち着いたダイニングルーム

Hotel Kasteelhof 'T Hooghe ダイニングルーム


Hotel Kasteelhof 'T Hooghe ダイニングルーム



凝った装飾が施されたストーブ

Hotel Kasteelhof 'T Hooghe ダイニングルーム



廊下のインテリア

Hotel Kasteelhof 'T Hooghe 建物内部



あちこちに置かれたアンティーク調度

Hotel Kasteelhof 'T Hooghe インテリア



裏庭に展示された、世界大戦時の砲弾の数々

Hotel Kasteelhof 'T Hooghe 建物外観



 ホテルがイーペルの郊外に位置するので、夜は裏庭の虫の音が聞こえる他はとても静かだった。

池もある広い裏庭には、掘り起こされた世界大戦時の砲弾が説明パネルと共に展示されていて、

当時イーペルでは激烈な戦いが繰り広げられたことを思い出させてくれる。

 我々はホテル内で夕食を取ったが、イーペルの街まではタクシーですぐなので、

イーペルの繁華街で食事を取るのもいいだろう。


  ==== 基本情報 ====

 ・二人部屋価格: 90ユーロ(2012年8月当時)、朝食込み

 ・駐車場: 広々としたスペースにゆったりと駐車できる。

 ・街中心から離れているので、静かで落ち着いた立地。


 ・ホテルウェブサイト:http://www.hotelkasteelhofthooghe.be

 ・日本語での予約はこちらから

 ===================

category: ホテル、宿泊地

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: ホテル  ベルギー  イーペル  写真  ドライブ  旅行  ヨーロッパ   
Posted on 2014/05/23 Fri. 06:24  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ホテル・宿泊地の選び方 ~後日談~ 

 前回の記事「ホテル・宿泊地の選び方 ~コツとヒント~」では

宿泊先とホテルの選び方その他について細かく述べたが、

実際は事前に準備万端で旅行に臨んだわけではなく、

かなり行き当たりばったりだったりもしたのだ。

 実のところ、最初の4、5日のホテルとイタリアで一週間弱滞在したヴィラについては

旅行に出発する前に予約を入れていたが、

実はその他のホテルは旅行中に予約を入れながら旅程を進めていたのである。


 例えば、6日目の朝はスイスはダボスからアルプスを超えて北イタリアへ向かったが、

(「スイスから北イタリアへ ~6日目 午前~」の記事を参照のこと)

当日夜の宿泊先は当日の朝の出発間際まで決まっていなかった。

朝食を取った後、ダボスのホテル内のビジネスセンターで(無料Wifiが使用可)

メンバー全員で一つのパソコンのスクリーン上に額を寄せ合い、あれでもないこれでもないと、

宿泊先の検索とめぼしいホテルへの電話に一時間ほど費やしただろうか。

当日の宿が決まらないと当然ながらその夜は宿なしになってしまうので、全員真剣だ(笑。

ホテルの予約が取れてから速攻でダボスを出発、

旅行6日目の美しくかつ大変タフなアルプス超えのルート(こちらこちらの記事を参照)を

こなしたわけである。


 まあこれは極端な例で、普通は2日後の宿は確保するようにしていたのだが、

それでも旅をしながら宿を決めていくというのは、恐らくあまり一般的な方法ではないだろう。

これも、旅行ルートが柔軟に変更可能なドライブ旅行ならではの醍醐味(?)であり、

さらに、我々の旅行時期(8月下旬から9月上旬)がある程度

観光オフシーズンに差し掛かっていたからこそできた綱渡りだと言えるだろう。

夏場の観光ハイシーズンの時期に旅行を考えている方には、当然ながらあまりお勧めしない方法だ。

 
 それでも宿泊したホテルはどこも満足度が高く、気持よく滞在できるところばかりだったので、

滞在した各ホテルについてもこれから写真を交えて紹介していきたいと思う。

category: ドライブ旅行 コツとヒント

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: 旅行  ヨーロッパ  ドライブ    宿選び  コツ  ヒント  ホテル 
Posted on 2014/04/24 Thu. 04:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ヨーロッパドライブ旅行ハイライト ビデオ 

 前回の記事にて2012年夏のヨーロッパドライブ旅行記は終了したのだが、

折角なので旅行のハイライトを編集したビデオも紹介したい。


 今回の旅行でも最も風景が美しく、素晴らしい道路(それゆえに運転が最もタフでもあった)

ということでメンバー一致で賛同するのが、

スイス、ダボスからイタリアはコルティーナ・ダンペッツォへと向かう道である。

詳細については是非以下の記事を参照されたいが、ビデオもこの行程に焦点が置かれている。

 A. スイスから北イタリアへ ~6日目 午前~

 B. イタリアン・アルプス ~6日目 午後~

 C. ドロミーティ山群の絶景 ~6日目 夕方~


 25分近くあるビデオなので、時間のある時にゆっくり見ていただれば幸いだ。




 1:20 : ドイツ、ニュルブルクリンク サーキットへ。

 1:27 - 4:19 : ランボルギーニ ガヤルド、ニュルブルクリンク ノーシュライフを走行。

 4:54 - 6:19 : フェラーリ F430 スイス、ダボスのトンネル内を走行。

 6:30 - 10:10 : ダボスを離れ、国道28号線をフルエラ峠(Fluelapass)頂上へ向かう。

 10:23 - 13:13 : フルエラ峠頂上から国道28号線をさらに東に向かう。

 13:14 - 17:03 : イタリア、SS300、SS241(ボルザーノ東西)を走行。

 17:03 - 17:21 : 山間のトンネルを進むフェラーリF430。

 18:00 - 20:00 : ジアウ峠山頂を目指して峠道を登る

 20:00 - 21:56 : ジアウ峠山頂からSP638を下る。

 21:57 - 23:17 : フェダイア湖沿いのフェダイア峠、SP641を進む。


 18分以降、特に22分辺りからが私が一番気に入っている部分だ。

記事とビデオと両方あわせて楽しんでもらえれば嬉しい。^ ^

category: ハイライト

thread: ヨーロッパ旅行記

janre: 旅行

tag: ビデオ  ヨーロッパ  ドライブ  スポーツカー  ドロミーティ  ニュルブルクリンク  サーキット  フェラーリ  ランボルギーニ  峠道 
Posted on 2014/01/05 Sun. 21:48  edit  |  tb: 0   cm: 4  

イタリア ゴリツィア地方へ ~7日目~ 

 ハードな旅程を終えた6日目の夜は皆ぐっすりと眠った様子。

7日目の朝はホテルの朝食でリフレッシュ後、ゆっくり目にチェックアウトすることに。

本日の目的地は、イタリア北東部、スロベニア国境近くのGradisca dʼIsonzo

(グラディスカ・ディソンゾ?)。11時前に出発しても午後半ば過ぎには到着する予定だ。

7日目ルート

7日目ルート



 最近オープンしたばかりのスタイリッシュで居心地の良いロザペトラホテルに別れを告げる。

ここは部屋も大変良かったのだが、滞在を決めた理由の一つが駐車場。

ホテル地下にあり、セキュリティもしっかりしていた。

コルティナ・ダンペッツォで滞在したロザペトラホテル

ロザペトラホテル


ロザペトラホテル地下駐車場


 宿泊先の探し方やドライブルートの決め方のヒントなどについては、改めて紙面を割く予定だが、

感じの良い宿泊場所という条件だけで探せばホテル探しはそんなに難しくない。

だが、駐車場へのアクセスやセキュリティなどの条件を加えて絞り込んでいくと

宿泊したいエリアで適当なホテルを探すのは、実はそんなに簡単ではないのだ。


 コルティナ・ダンペッツォは南を除く三方を山で囲まれていて、冬場はスキーリゾートとなる。

我々が訪れた8月下旬はホテルから美しい夏山を眺めることができた。

ホテル周辺の光景

ホテル周囲の山々


画像名


画像名


 車を進ませるにつれてその様を少しずつ変えていくドロミーティの山々は、いくら眺めても退屈しない。

コルティナ・ダンペッツォ周辺の美しい山並み

画像名


画像名



それでもコルティナ・ダンペッツォを後にして進むにつれ遠ざかる山々にも別れを告げて、南へと進む。

画像名


 イタリア山岳地方ではたまに片道通行のトンネルを見かける。当然ながら

トンネルの両サイドに信号機が設置してあり、10分程度の信号待ちの後にトンネルに入っていく。

トンネル


白い川底を見せて干上がっているように見える幅広い川を渡ったが、

この川も春の雪解け時には北部の山々からの清水を集めて流れるのだろう。

乾いた白い川底


 SR251という道路沿いのバーシス(Bacis)という街を通過する際に、

美しいエメラルド色の湖が木々の隙間から見えたので、急遽ストップしてチェックしてみることに。

これはバーシス湖(Lago de Bacis)と呼ばれ、エメラルド色の湖越しに山々を望むことができ、

思いがけずも大変美しい景色を楽しむことができた。

画像名


画像名


エメラルド色の湖と記念撮影

画像名



バーシス湖(Lago di Barcis)


View Larger Map


この日のドライブは比較的短い方だったが、このバーシス湖畔での美しい眺めが

この日一番のハイライトとなった。

category: 北イタリア

thread: 旅と写真

janre: 旅行

tag: 写真  イタリア  スポーツカー  ドライブ  旅行 
Posted on 2013/04/22 Mon. 06:47  edit  |  tb: 0   cm: 0  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。